スタッフブログ

blogtop2_0224
【外構リフォーム】お客さまから多いご要望5選!
2024年5月21日|カテゴリー「グリーンケアについて

こんにちは、グリーンケアです。

 

お庭をリフォームしたい

抜いても抜いても生えてくる雑草を何とかしたい!

お隣からの視線が気になる

そう思っている方はいませんか?

 

グリーンケアにも、同じような外構・お庭のお悩みで

相談に来られる方がたくさんいらっしゃいます。

 

そこで今回は、お客さまから多いリフォームのお悩みをご紹介!

みなさんも外構・お庭リフォームで

快適で豊かな暮らしを始めませんか?

 

 

◆お悩み1:草むしりの手間を軽減したい!

 

5-18


構リフォームで最も多いご相談が、雑草に関するお悩み

冬が終わり、雑草がどんどん成長してくるこの時期に特に多く聞かれます。

 

草むしりをしてもしつこく生えてくる雑草。

その手間をリフォームで解消しましょう!

しっかりとした雑草対策を行うことで、これまで草むしりに費やしていた時間を

暮らしを楽しむ時間に充てませんか?

 

 

◆お悩み2:人の視線が気になってお庭でくつろげない

 

5-27


お庭にフェンスを建てたい、生垣をフェンスに変えたい。

そんな「ローメンテナンスな目隠し」のご要望も少なくありません。

 

せっかくのお庭も、人の目が気になってくつろげない、

生垣のお手入れに苦労している…なんてもったいないですよね!

 

メンテナンスの手間がかからないアルミや樹脂製の目隠しフェンスで

お庭時間を豊かなものに♪

プラスGなどを使ったおしゃれな目隠しもおすすめです。

 

 

◆お悩み3:建売住宅の外構をおしゃれにしたい!


5-37

5-4


建売住宅を購入した場合、

ポストだけ、アプローチだけなど、最低限の外構工事しかされていないお家もあります。

そういった方に多いのが、

もっと外観をおしゃれにしたい、自分たちのイメージする家にしたいという

プチリフォームです。

 

外構でお家の印象は、ガラリと変わります。

リフォームすることで、使い勝手もよくなり、暮らしが快適になりますよ。

 

 

◆お悩み4:敷地の境界部分をキレイに作り変えたい!


5-5

新築外構で予算を抑えるために、「土留(*)」を低くして敷地境界線を斜面にし、

そこを芝や植栽で仕上げる場合があります。

*土留(どどめ):高低差がある敷地で外に土が崩れることを防ぐ工事のこと

 

しかし、

・芝生の管理ができない

・雨で土や砂利が流れ出てしまう

・斜面スペースの分だけお庭が狭くなり、ガーデンライフが楽しめない

などと、使えない、手間がかかるスペースになってしまっており、

その結果、数年後に土留のリフォームをするという方がとても多いんです。

 

土留のようなあとでやり直しに費用が掛かる場所は、

初めにしっかりお金をかけて施工するのがよいのですが、

もしこのようなお悩みを抱えてるなら、早めにリフォームをして解決するのがおすすめです。

 

◆お悩み5:駐車スペースの目地から雑草が生えてくる


5-6

5-7


駐車スペースの目地に砂利などを入れている場合、

しっかりと防草対策がされていないと

そこから雑草が生えてくることがあります。

 

除草の手間がかかるだけでなく、見た目も悪くなってしまいます。

目地をコンクリや人工芝、レンガなどでやり直すことで

雑草対策になり、印象も各段によくなります。

 

 

いかがでしたか?

同じ悩みを抱えている!という方も多いのではないでしょうか?

外構・お庭のお悩みは、グリーンケアが解決します!

お気軽にお問い合わせください。
人気の「タイル」を活用したモダンなお庭
2024年5月16日|カテゴリー「グリーンケアについて

こんにちは、グリーンケアです。

 

最近人気の「タイル」。

モダンなデザインの家に合わせて、

お庭もスタイリッシュな印象の「タイルテラス」にしたいというご要望が増えています。


4-110


少し前までは、100角(100mm×100mm)のタイルが主流でしたが、

今は、大判タイプが人気

300mm角(300mm×300mm)や600角(600mm×600mm)、

大きいものだと1200角(1200mm×1200mm)のタイルを使うこともあります。

大判タイルは高級感があり、

ホテルライクな雰囲気に仕上げたい方におすすめです。

 

また、外観やリビングの床にタイルを使うケースも増えており、

お家の雰囲気に合わせたタイルテラスで仕上げると、

統一感のあるおしゃれな印象に!

 

石目調や大理石調、レンガ調など、色んな種類のタイルがあるので、

つくりたいイメージに合わせたデザインにできます。


4-211

4-311


活用の幅が広いのも、タイルの魅力。

床材としてだけでなく、壁や門袖、ガーデンルームの腰壁など、

色んな場所で取り入れることができます。

 

色や柄、大きさのタイルを組み合わせ、

お気に入りのデザインでお庭をコーディネートすることもできますよ♪

 

 

タイル好きな方、モダンなお庭を造りたい方、

おしゃれなお庭にリフォームしたい方は、

グリーンケアまでご相談ください^^

おしゃれなお庭で、楽しいガーデンライフを始めましょう!

夏が来る前に!日除け・紫外線対策の準備はできていますか?
2024年5月14日|カテゴリー「グリーンケアについて

こんにちは、グリーンケアです。


3-19


風も光も気持ちの良い初夏。

お天気が良い日は、半袖でも暑いな~と思うくらいの日もありますよね。

 

そろそろ準備をしておきたいのが、お庭の「日除け対策」です。

年々、夏の暑さは厳しさを増しており、

初夏でも夏のような暑さを感じることもあります。

 

アウトドアが楽しい季節なのに、

直射日光によって「ウッドデッキやテラスが熱くなりすぎて使えない」

ということになっては、とても残念!

 

シェードや日除け屋根を設置すれば、

ウッドデッキやテラスの温度上昇が抑えられます。

屋外だけでなく、室内の日除け対策としても効果的で、

リビングやお庭がより快適な空間になりますよ♪

 

まだ準備ができていない方は、

今から日除けアイテムの設置を検討しておきましょう。

 

今回は、お庭の日除け・紫外線対策のアイデアをご紹介します。

 

 

 シェード


3-29


一番手軽に設置できるのが、日除けのシェード。

1年中使用できる開閉式のシェードやスナップフック、紐などで

必要な時のみ設置する取り外し可能なシェードがあります。

 

 

テラス屋根


3-311


雨や紫外線を避けるテラス屋根。

オプションの内部日除けを取り付けることで

夏場のウッドデッキやテラススペースが快適な空間に!

窓の外に日陰をつくることで、室内の温度が上がりにくくなるというメリットもあります。

 

3-45


3-53

ガーデンルームの場合は、

1年を通してどのように過ごしたいかによって

屋根の素材を考えてみましょう。

 

天井材付きの場合は、セカンドリビングのように使え、日差しの心配もありません。

照明も付けられて夜のお庭も楽しめます。

 

ポリカーボネートの場合は、冬~春は光を通して明るく暖かく過ごせます。

夏は暑くなりやすいので、内部日除けを組み合わせて紫外線を遮りましょう。

 

 

ルーバー付きパーゴラ


3-63

▲タカショー「パティオムーブ」

 

お庭時間を豊かにしてくれる「パーゴラ」。

屋根のない場所に、快適なガーデン空間を作り出してくれます。

おすすめは、天井ルーバーを手動開閉できるもの

ルーバーは角度も調節でき、

光や風を取り込んだり、日差しや雨を遮ったり、季節や天候に合わせて利用できます。

 

 

みなさんも、本格的な夏が来る前に、

お庭の日除け対策を考えてみてくださいね^^

お庭リフォームのご相談も承ります。お気軽にご相談ください♪

外構・お庭づくりの基礎講座 ~寒冷地ではおしゃれな立水栓のハードルが高い⁉~
2024年5月9日|カテゴリー「グリーンケアについて


こんにちは、グリーンケアです。

 

外構・お庭づくりを考えている方の中には、

初めての経験という方も多いのではないでしょうか。

 

まだイメージができていない

失敗したくない

どんなことに気を付けたらよいのだろう…

 

そんな不安や疑問をたくさん抱えていらっしゃる方へ、

自分らしい外構・お庭づくりの第一歩を安心して踏み出すための

エクステリアの基礎知識”をご紹介します。

 

今回は、「寒冷地での立水栓」についてです。


2-112


掃除、水やり、靴の洗濯、BBQをした時の洗い物、ワンちゃんの足を洗うなど、

何かと外で水を使う場面は多いと思います。

 

そんな時に便利なのが、屋外に設置する「立水栓」です。

外構やお庭がキレイになったら

「立水栓もおしゃれなものに変えたい!」という方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、冬場の凍結事故を防ぐため、

寒冷地および準寒冷地」である東日本エリアでは、

寒冷地対応の立水栓(水抜栓があるもの)でなければ

屋外で使用することができません。

 

シンプルなものからスタイリッシュなデザインのものまで

様々な種類がありますが、

寒冷地対応の立水栓」は、おしゃれなものがまだまだ少ないのが現状です。

 

2-25


ただ、全く設置できないかというと、そうでもありません。

寒冷地対応のものでなくても、「不凍水抜栓」を設ければ使用可能なのです。

 

しかし、凍結深度(土が凍らない深さ)まで土を掘って配管する必要があるため、

リフォームで不凍水抜栓を設置しようとすると

みなさんが想像するよりも大がかりな工事になってしまいます。

 

そこでチャンスなのが、新築時です。

もともと新築工事の際には配管工事も行うので、

不凍水抜栓を設置することは難しいことではありません。

 

もし、今、もしくは将来的に「おしゃれな立水栓を設置したい」とお考えでしたら、

築時にハウスメーカーさんへ

不凍水抜栓の設置をお願いしておくことをおすすめします。

 

リフォームでお考えの方も、まずは一度ご相談ください。

できる限りご要望に沿えるご提案をさせていただきます!

自分に合うフェンスの高さの見つけ方
2024年5月7日|カテゴリー「グリーンケアについて

こんにちは、グリーンケアです。


1-27


外構工事のご要望で多い「フェンス」。

一言でフェンスと言っても、

隣地と区別するための境界フェンスから、

外から中が見えないようにするための目隠しフェンスまで、

用途や設置する場所によって、様々な使い方ができます。

 

アルミの既製品の場合、フェンスの高さは60cmから3.0mまで、

20cm間隔で高さを設定が可能です。

(※商品や組み合わせによっては、最大の高さや高さの間隔が異なります。)

 

現地で全て組み立てる樹脂製フェンスの場合は、

板の段数や隙間を用途に応じて決めることが可能で、

アルミの既製品よりも自由度が高いことが特徴です。

 

お客さまのご要望に合わせて高さを決められますが、

デザインや用途に合わせて、適切な高さにすることで

使い勝手がよくなり、フェンスとしての役割もしっかり果たしてくれます。

 

 

 

◆低いフェンス/高さ6080cm


1-37

1-41


高さの低いフェンスには、人の浸入を防ぐ役割や

空間を緩やかに仕切るデザイン的な役割で使うことができます。

 

道路との境界や、カーポートとお庭、玄関まわりの隣地境界などに使われるケースが多いです。

 

目隠しの用途ではないので、設置する場所によっては

メッシュフェンスなどの開放感を損なわないデザインもおすすめです。

 

 

◆中間サイズのフェンス/高さ11.2m


1-51


低いフェンスよりも目隠し効果はありつつも、

圧迫感は与えない高さ11.2mのフェンス。

 

門まわりに使用してセミクローズ外構にしたり、

玄関まわりに設置することの多い高さです。

 

敷地より道路が低い場合は、1mほどのフェンスでも十分な目隠し効果が得られることも。

設置する場所によって、目隠しの用途や空間を仕切る用途など多目的に使えます。

 

 

◆高いフェンス/高さ1.8m


1-6

覗かれたくない、しっかり目隠しをしたいお庭などにおすすめの背の高いフェンス。

お庭まわりの隣地境界に設置すれば

外の視線を気にすることなく、プライベートな空間がつくれます。

 

ただし、目隠し効果が高い反面、高いフェンスで空間を囲ってしまうと

圧迫感が出てしまうので注意が必要です。

 

 

グリーンケアでは、お客さまのご要望に合わせたフェンスデザインをご提案しています。

フェンスの高さを体感してみたいという方は、

グリーンケアの展示場でご覧いただけますので、ぜひ足を運んでみてくださいね♪

【イベント開催】5月11日・12日「ペットガーデン相談会」
2024年4月30日|カテゴリー「イベント

こんにちは、グリーンケアです。

 

ペットと過ごす外構・お庭づくりをお考えの方に朗報です^^

511日(土)12日(日)に、

グリーンケア展示場にて「ペットガーデン相談会」を開催します♪


8-16


ワンちゃんを遊ばせられるお庭にしたい!

ネコちゃんをガーデンルームで日向ぼっこさせたい

お散歩から帰ったときに足を洗えるガーデンパンがあると便利かも…

 

そんなペットと楽しく暮らすお庭づくりのご要望・お悩みを

グリーンケアに相談してみませんか?

事前予約をいただければ、ペット連れでのご相談も可能です♪

 

まだ具体的には決めていないけれど、ちょっと話を聞いてみたい…

という方も大歓迎です!

 

 

当日は展示場内に「フォトスポット」を準備しております。

ハッシュタグキャンペーンにご参加いただいた方には、

ワンちゃんのお散歩に使える三角マナーポーチ」をプレゼントいたします^^

 

また、相談会にご来場(完全予約制)いただいたお客さまには、

2日間限定のご来場特典もご用意しております。

 

相談会へのご予約・ご質問は、

お電話(0120-57-1128)または

お問い合わせページ  https://www.green-care.jp/contactus よりお願いいたします。

 

もちろんペットガーデン以外の外構・お庭のご相談もお受けいたします。

展示場のご見学のみの場合は、

ご予約不要”で気軽にお立ち寄りいただけますので

ぜひお気軽に足をお運びくださいね!

 

みなさまのご来場を、スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

※当日、敷地や建物の図面をお持ちいただけますと打合せがスムーズです。

※ワンちゃんなどをお連れの場合はマナーウェアの着用をお願いいたします。

 

 

◆◇◆◇◆◇ペットガーデン相談会◆◇◆◇◆◇

 

日時:511日(土)、12日(日)10:0016:00

会場:グリーンケア店舗

☆完全予約制☆ 下記より事前予約をお願いします。

TEL0120-57-1128

お問い合わせフォーム:https://www.green-care.jp/contactus

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

8-27


限定特典

◇ご来場特典

ホームページを見てご予約・ご来場いただいた方に、

お庭や外構の施工例がたくさん掲載された雑誌『EXALIVE』を進呈!

 

◇お見積特典

相談会当日、お見積のご依頼をいただいた方に

可愛い肉球デザインのLEDお散歩ライトをプレゼント!

 

◇ご成約特典

ご成約金額に応じてお選びいただける素敵な景品を差し上げます。

 

◆◇Instagramハッシュタグキャンペーン開催◇◆

当日、次の1~3をコンプリートされた方に、

ワンちゃんのお散歩に使える「三角マナーポーチ」をその場でプレゼント!

1.展示場内の「フォトスポット」でワンちゃんの写真を撮影

2.グリーンケアのアカウントをフォロー

3.撮影した写真にハッシュタグ「#greencare_sendai」をつけて投稿

【施工事例】ディーズガーデンの商品でデザインしたかわいい門まわり
2024年4月25日|カテゴリー「施工事例

こんにちは、グリーンケアです。


7-19


グリーンケアの施工事例やブログでもたびたび登場する

おしゃれかわいい物置「カンナ」。

 

ディーズガーデン」というメーカーが作っている物置で、

その代名詞となっているアイテムです。

カンナの他にも、様々なエクステリア商品を作っており

どれもかわいいものばかり♪

 

今回は、ディーズガーデンのかわいい門まわり商品でコーディネートした

おしゃれな新築外構の事例をご紹介します!


7-211

7-311

白いタイルとテラコッタ風の瓦がかわいい

フレンチナチュラルなお家を建てたS様。

おしゃれな外観に合う外構工事のご依頼をいただきました。

 

玄関前には、門袖としてディーズガーデンの「ルポ」を使用しています。

遊び心のあるアンティークガラスの窓付きタイプを採用し、

オプションで建物の洋瓦に合わせた瓦風の笠木を取付けました。

外観との統一感もあり、まとまりのある素敵なデザインですね♪

 

さらに、「ルポ」の前に広めの花壇スペースも作り、

季節のお花を楽しめるようにしています。


7-46


ルポ」の裏側には、お客さまが準備されていた大型の宅配ボックスを設置。

玄関前の目立つ量水器や雨水桝も、まとめて「ルポ」で隠しているので

正面から見た時の門まわりが、スッキリと見た目よく仕上がりました。


7-55

7-63

ポストと表札もディーズガーデンの商品です。

 

ポストは、アンティークモダンなフランス雑貨を彷彿とさせる「アンジュ」。

壁掛けですが、回覧版やレターパックも入る大きめサイズで使い勝手抜群です。

 

表札はエレガントな書体の「A-07」を選びました。

アイアン(鉄)ではなく、錆びないアルミ鋳物なので

白い壁にも安心してお使いいただけます。


7-72


駐車場と玄関はそこまで距離はありませんが、

レンガ風ブリックで緩やかな曲線を描き、

シンボルツリーの「シャラ」を入れることで、奥行き感を出しました。

 

駐車スペースへ行き来するためのコンクリート枕木も、

アプローチに合わせて曲線になるよう配置しています。

 

さらに優しい雰囲気がプラスされ、よりかわいさが引き立ちます。


7-82


隣地境界には、樹脂の目隠しフェンスを設置しました。

 

1.8mの高さのあるフェンスですが、

白を選んだことで明るい印象となり、圧迫感も軽減されています。

 

 

最近は、直線的でスタイリッシュなイメージの建物が多いですが、

グリーンケアはかわいいイメージのプランや施工も得意としています^^

 

グリーンケアの展示場にも、ディーズガーデン商品を数多く展示しているので、

ディーズガーデン商品が気になる!

かわいいお庭をつくりたい!

という方は、ぜひ一度グリーンケアへご相談ください♪

 

外構・お庭づくりの「施工事例」はこちら

▶▶https://www.green-care.jp/works

GWは、グリーンケアの展示場でエクステリアを体験してみませんか?
2024年4月23日|カテゴリー「グリーンケアについて

こんにちは、グリーンケアです。

 

来週から、ゴールデンウィークが始まりますね♪

もうご予定はお決まりでしょうか。

 

いま外構・お庭づくりをお考えの方は、

ぜひ「グリーンケアの展示場」へ遊びに来てみませんか?


6-110


お家を建てる時に住宅展示場や完成見学会へ行くように、

エクステリアを選ぶ時も、まずは実際の商品を体験してみたいですよね。

 

実際に、「エクステリアの商品を実際に見ることのできる場所はないの?

というお声も少なくありません。

 

そのような方のために、グリーンケアでは常設展示場をご用意しています^^

見学だけなら、ご予約不要です!

思い立った時にふらりと立ち寄って、お気軽にご覧いただけますよ。

詳しく話を聞きたい方は、ご予約いただければスタッフが対応して

商品の説明や外構のお悩み・ご相談にお答えします。

 

▶グリーンケア展示場のご紹介 https://www.green-care.jp/exhibition


6-210


6-38

グリーンケアの展示場では、お庭やエクステリア商品をただ展示するだけではなく、

商品を使った時の雰囲気や施工例を、見て、触れて、イメージしていただける

空間づくりをしています。


6-45


6-54


展示場内は、大きく4つのエリアに分かれています。

●ガーデンルーム

●ガレージ・カーポートエリア

●門まわり、アプローチ、フェンスコーナー

●テラス・デッキコーナー

デザインタイプも「モダン」、「洋風」、「和モダン」など様々あるので、

きっとイメージに合うものがみつかりますよ。


6-64


6-73

気になっていた商品も、カタログで見るのと実際の施工例を見るのとでは、

イメージが全く違うことがよくあります。

なかなか見ることのできない夜の雰囲気も、体験できます。


6-82

お庭づくりの第一歩として、

グリーンケアの展示場で見て、触れて、感じて楽しんでみてください。

自分の理想のお庭・エクステリアのイメージが、どんどん膨らんでいくはずです^^♪

 

いつでもお気軽にお立ち寄りくださいね!

なお、ゴールデンウィーク期間中、430日(火)、51日(水)は定休日です。

 

▶グリーンケア展示場のご紹介 https://www.green-care.jp/exhibition

▶ご来店予約の方はコチラから https://www.green-care.jp/contactus

オープン外構、クローズ外構、セミクローズ外構の特徴と違い
2024年4月18日|カテゴリー「グリーンケアについて

こんにちは、グリーンケアです。

 

外構を検討している時に、

・オープン外構

・クローズ外構

・セミクローズ外構

という言葉を聞いたことはありますか?

 

これらは、外構スタイルの種類です。

どのスタイルが自分の家に合うのか、イメージに合う外構に仕上げるためにも、

オープン外構、クローズ外構、セミクローズ外構の

特徴や違いをご紹介します。

 

 

◆「オープン外構」とは?


5-17


敷地の周りに、壁やフェンスなどを作らない見通しの良い外構スタイルで、

玄関周りに機能門柱を置くだけ、門柱を建てるだけなどがあります。

 

特徴は、開放感があり敷地を広く見せられること。

視界を遮るものがないので、人が入ってきたことを確認しやすく、

光や風が通り抜けやすいというメリットもあります。

その分、プライバシーは確保しにくくなります

 

シンプルなデザインなので、コストを抑えやすいですが、

工夫をしないと、他の家と似た雰囲気になることもあります。

 

 

◆「クローズ外構」とは?

 

5-26


オープン外構とは逆で、敷地の周りに門塀や高めのフェンスなどを設置した外構スタイルです。

中が見えないので、プライバシーを確保でき、防犯性も高まります

しかし、あまりクローズにし過ぎると、外から中が全く見えなくなってしまい

侵入者が隠れていても気づきにくくなります。

そのため、なるべく死角を作らない工夫が必要です。

 

塀やフェンスなどの外構を構成する要素が増えると、

オーナーさまのこだわりを入れることができ、デザイン性が高まります。

大きなお家の場合は、シャッターゲートを付けるなど

高級感のある雰囲気を演出することもできます。

よりイメージに合った外構にしたい、個性あふれるオリジナルの外構を造りたい方におすすめです。

ただし、必然的にコストは高くなります

 

 

◆「セミクローズ外構」とは?

 

5-36


オープン外構とクローズ外構の“いいとこどり”のようなセミクローズ外構。

グリーンケアでも、セミクローズ外構を選ばれるお客さまが最も多いです。

 

少し高めのフェンスや門扉・門袖を設置したり、

開放感を残しつつ、人が簡単に出入りできないような工夫をしたり、

玄関から道路まで真っ直ぐ見えないようデザインにしたり、

こだわりを入れることができて、デザイン的にもおしゃれに仕上がります。

 

 

みなさんがイメージしている外構は、どのスタイルでしょうか?

グリーンケアが、お客さまの理想の外構・お庭づくりをご提案させていただきます!

いつでもお気軽にご相談ください♪

お庭で楽しむ野菜づくり
2024年4月16日|カテゴリー「グリーンケアについて

こんにちは、グリーンケアです。

 

4月になり花屋やホームセンターの店頭に

お花の苗がたくさん並ぶようになりましたね。

この時期は、お花の苗とともに野菜の苗も数多く出回り、

家庭菜園用に野菜の苗を購入される方も多いと思います。

 

家庭菜園といっても、楽しみ方はご家庭によってさまざまです。

 

今回は、いろいろなスタイルで楽しまれている家庭菜園の事例をご紹介します。

 

 

◆プランターで楽しむ


4-19


家庭菜園初心者は、お庭に固定した菜園スペースを設けず、

プランターで楽しむスタイルがおすすめです。

 

気軽に始められ、移動も簡単にできるので

陽当たりなどを調整できるメリットがあります。

 

その都度、プランターに新しい土を入れるため、

水はけや土壌改良を気にする必要もありません。


4-210


スタンドタイプの家庭菜園用プランターもあります。

立ったままや車いすの方でも作業ができる、

ユニバーサルデザインのプランターです。

 

土を入れる部分が逆三角形になっており、

深い部分で根菜、浅い部分で葉物野菜など

一つのスペースで複数の野菜を育てることができます。

 

プランター内にはフェルトが張ってあるので、

水やりをしても流れ出る水には土が混じらず、きれいな水のみ。

そのため、マンションのベランダなどでのご使用もおすすめです。

 

 

◆地植えでお気に入りの菜園スペースを作る

 

広いスペースでたくさんの野菜を作りたい場合は、

やはり地植えがおすすめです。

 

地植えの場合は、水はけを考えたり、

畝(うね・土を盛り上げた細長い山のこと)を作ったりする必要があり、

それにはふかふかの土を盛ったスペースを作らなければいけません。

 

地面の高さより土を高く盛る必要があるため、

ブロックやレンガなどで縁取りをすることが一般的です。

 

 

【レンガ風ブロック】

 

4-310


レンガ風ブロックで縁取りした菜園スペース。

土をもっと高くする場合は、さらに2段3段と段数を積み上げます。

 

 

【コンクリート製の板材】


4-45


木目調のコンクリート製板材を縁取りに使用した菜園スペース。

ナチュラルな雰囲気が好きな方は、

天然木を使用するケースも多いのですが、

腐食やシロアリ等の原因となる心配があります。

 

最近は様々なタイプのコンクリート製の資材が出ているので、

メンテナンスの手間がかからないものを選ぶのもおすすめです。


4-52

▲コンクリート枕木材で縁取り


4-61

▲コンクリート枕木とレンガを組み合わせて縁取り。異なる素材を組み合わせるのも素敵ですね♪

 

 

【ガーデンフレーム】


4-7


こちらは、市販のガーデンフレームを使用して菜園スペースを作りました。

ガーデニング用の商品も数多く出ているので、

そういったものを活用するのもひとつの手。

 

ガーデンフレームなら、フレームを追加購入して広くしたり、

高さを追加したりすることも可能です。


4-8
▲フレームを2段重ねた例

 

 

DIYで作るときは別ですが、

ブロック、レンガ、コンクリート枕木などでデザインする場合は、

ある程度固定してしまうため、簡単に動かすことができなくなります。

 

家庭菜園スペースを作る時は、始めるときだけでなく、

家庭菜園をしなくなった時のことも考えて、

位置や大きさを決めておきましょう!

 

グリーンケアでは、お客さまのスタイルに合った家庭菜園の作り方・使い方をご提案しています。

今年から家庭菜園にチャレンジしてみたい方、

菜園スペースを見直したい方は、ぜひグリーンケアへご相談ください^^

「ディーズガーデン」で作るおしゃれかわいい外構事例♪
2024年4月11日|カテゴリー「グリーンケアについて

こんにちは、グリーンケアです。

 

フレンチテイストのデザインが魅力的な「ディーズガーデン」。

全国にもファンが多いエクステリアブランドです。

 

ディーズガーデンと言えば、おしゃれかわいい物置」が人気!

フレンチテイストの商品が多いので、

ナチュラルガーデンや、おしゃれかわいい雰囲気のお庭・外構を作りたい方におすすめですよ^^

 

今日は、そんなディーズガーデンを使った素敵なガーデンデザインをご紹介します。

 

 

◆おしゃれ物置「ディーズガーデン カンナ」が見えるお庭


3-18


憧れのディーズガーデンの物置「カンナ」を設置したお庭。

レンガづくりのプロバンス風アンティークなデザインは、

あるだけで空間が映える、“魅せる物置”です♪

せっかくなら、たくさんの人に見てもらいたいと、

道路からも見える場所に配置しました。

 

お庭の入り口には、

同じディーズガーデンの「アルファウッドフェンス」と「アルファウッド門扉」を設置。

曲線のアプローチには、アンティーク調のブロックやブラウンの化粧砂利などを使って

柔らかく優しい印象に。

周りに植栽を入れることで、お庭が一層華やかになりました。

 

 

◆2つのカンナキュートを設置した白のタイルテラス


3-28

3-39


こちらのT様邸では、カンナより少し小さめでスタイリッシュな

カンナキュート フレンチシック」を設置。

シャビーシックシリーズは、

お庭に置くだけで華やかでかわいいお庭に変身します♪

 

白のモダンなタイルテラスのお庭に、とてもよく合いますね!

水栓もディーズガーデンの「スタンドウォッシュ リリー」を選びました。


3-44


さらに、玄関側にもカンナキュートを設置。

こちらは扉の色がシャビーホワイトです。

カンナより大人っぽいかわいさが演出できます。

 

 

◆「カンナ」と「スタッコ-U」で南仏風エントランス


3-52


カンナキュート」がお出迎えしてくれる

フレンチカントリースタイルの門まわり。

 

塗り壁仕上げの門塀には、

スタッコ塗りとスペイン瓦をイメージした埋め込みポスト

ウォールインタイプ-U」を設置しました。

単調にならないように、オーナメント入りのスリットもプラス。

アプローチのピンクの自然石が、エレガントな印象を与えてくれます。


3-62


いかがでしたか?

おしゃれでかわいいアイテムばかりで、真似したくなっちゃいますね♡

ディーズガーデンの商品をご覧になりたい方は、

グリーンケアの展示場でご体験いただけます^^

ご予約不要でお立ち寄りいただけますので、お気軽にご来場ください!

▶展示場のご案内 https://www.green-care.jp/exhibition

外構・お庭づくりの基礎講座 ~隣地境界の土留~
2024年4月9日|カテゴリー「グリーンケアについて

こんにちは、グリーンケアです。

 

外構・お庭づくりを考えている方の中には、

初めての経験という方も多いのではないでしょうか。

 

「まだイメージができていない」

「失敗したくない」

「どんなことに気を付けたらよいのだろう…」

 

そんな不安や疑問をたくさん抱えていらっしゃる方へ、

自分らしい外構・お庭づくりの第一歩を安心して踏み出すための

エクステリアの基礎知識”をご紹介します。

 

今回は、「隣地境界の土留」についてです。

2-111

◆「隣地境界」とは?

 

どんな敷地も、必ず道路やお隣さんの敷地に接しています。

他の敷地に接している部分を「隣地境界」、

道路に接している部分を「道路境界」と言います。

 

 

◆「土留」とは?

 

高低差のある敷地で土砂が崩れ落ちてくるのを防ぐために、

コンクリートブロックや石壁などを設置することです。

 

 

つまり、敷地の境界に区切りをつけたり、高低差を解消するために、

土留などを設けることを言います。

この工事費用の負担は、条件により異なるので覚えておきましょう。


2-24


◆隣地境界の土留の費用負担

 

1:道路境界は自己負担

 

道路境界面に土留を新設する場合は、

全額自己負担になります。

 

また、地区計画等により、

土留の位置や高さ、仕様に決まりがある場合があるので、

事前の確認が必要です。


2-35


2:高低差のない隣地境界

 

お隣の敷地と高低差がない場合は、

境界線上に土留やフェンスを設け、費用を折半することができます。

 

ただし、デザインや費用など両者の意見が一致しないと、

費用分担の話はまとまりません。

将来的にリフォームをする場合も、お隣さんとの合意が必要になります。

 

このような理由から、境界線上に土留やフェンスを設けることはほとんどなく、

自分の敷地内に設けるケースが一般的です。

 

3:高低差のある隣地境界

 

お隣の敷地と高低差がある場合は、

敷地が高い方が土留をする」というルールがあります。

 

この場合は自分の敷地内に施工し、費用も自己負担です。

そのため、デザインなどは自由に決めることができます。

しかし、日照権や景観等の問題もあるので、

設置する前にお隣さんに内容を伝えて了承を得ておくべきでしょう。

 

 

隣地境界の土留は、新築外構の時に行うことがほとんどです。

後にトラブルにならないよう、始めから対処しておくとよいですね。

また、芝や植栽での土留は、後に雑草の処理が大変だったり、

土が道路に流れ出てしまうことがあるので、

コンクリート塀などを設置することがおすすめです。

 

グリーンケアでは、お客さまに合わせて最適なプランをご提案いたしますので、

安心してご相談ください。

この春おすすめの新商品紹介
2024年4月4日|カテゴリー「グリーンケアについて

こんにちは、グリーンケアです。

 

新しい生活が始まる4月。

春は、エクステリア商品も新しい商品が多数発売されます。

今回は、その中からグリーンケアおすすめの目隠しフェンスをご紹介します。

 

◆モクプラボードルーバ―/タカショー

1-110

1-26


木目の表情を再現した「モクプラボード」に、ルーバータイプが登場。

風を取り込みながら、完全目隠しができるウッド調のルーバーフェンスです。

樹脂製なので、天然木に比べて乾燥や雨などによる腐食に強く、

同サイズのアルミフェンスよりも低コスト。

本物の木のような自然な風合いも楽しめ、おしゃれな空間を演出してくれます。

 

 

◆フェンスABLIXIL


1-36

様々なデザイン・機能から選べるLIXILの人気アイテム「フェンスAB」から、

シーンに合わせて使い分けができる「片面木調タイプ」が仲間入り。

5月発売予定、アルミ形材色+オーク色は6月予定)

 

これまで木調タイプは、両面ともに木調仕上げでしたが、

新しい「片面木調タイプ」は、表面はナチュラルな木調、裏面はシャープなアルミタイプ。

空間に合わせて、どちらを表にしても使えます。

隣地境界などの人の目につきにくい場所は、片面木調フェンスを使い、

道路やお庭などからも見える場所には両面木調フェンスを選ぶなど、

より好みに合ったエクステリアをデザインできます。

 

 

フェンス以外にも、様々な新商品が出ているので

これから外構・お庭づくりを検討されている方は、

お気軽にグリーンケアまでお問い合わせください^^


明日、創業34周年を迎えます。
2024年3月28日|カテゴリー「グリーンケアについて

こんにちは、グリーンケアです。

 

グリーンケアは、明日329日をもちまして

創業34周年を迎えます。

 

これもひとえに皆様のご支援、ご愛顧の賜物と

心より感謝申し上げます。


8-15


8-26


グリーンケアの創業は、仙台大観音が完成した1991

 

当初は、ハウスメーカーさまの下請け工事が売り上げの大半を占めていましたが、

お客さまとしっかり対面で打合せをして、ご満足いただけるお庭を作りたい

という思いから、外構専門の展示場を開設。

現会長の鈴木と、前副社長の故・尾形

経理の女性スタッフ3名でスタートしました。


8-33


現在は、地域密着型のエンドユーザー店として、

日々多くのお客さまにご来場いただける

外構・お庭の専門店へと成長しました。


8-42


8-5


4月より、新卒の新入社員が1名増え、

スタッフ10名で34年目の新しいスタートを切ります。

 

お客様の喜びを私達の喜びとし、素晴らしい住環境の提案と創造を使命とする

 

この社是を今一度心に刻み、

35周年に向けてスタッフ一同精進して参ります。


8-6


地域のみなさまに、

外構・お庭づくりは、グリーンケアに相談しよう。

そう思っていただける企業を目指し、邁進いたします。

 

これからも引き続き変わらぬご愛顧とご支援を賜りますよう

この場を借りてお願い申し上げます。

 

 

▶▶グリーンケアのエクステリア展示場はコチラ

https://www.green-care.jp/exhibition

 

▶▶外構・お庭づくりのご相談・お問い合わせはコチラ

https://www.green-care.jp/contactus


【リフォーム事例】腐食したガーデンルームの床を樹脂デッキへ
2024年3月26日|カテゴリー「施工事例

こんにちは、グリーンケアです。

 

一年を通してお庭時間が楽しめる「ガーデンルーム」。

春先は、花粉やPM2.5対策としても大活躍する商品です。

 

 

7-18

 

ガーデンルームは、2530年ほど前から戸建住宅のお庭にも取り付けられるようになった商品ですが、

その当時は天然木のウッドデッキの上に施工していました。

 

そのため、ガーデンルーム本体はまだまだ使えるのに

床のデッキが腐食して使用できなくなっているという方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

 

グリーンケアでは、これまでに様々なガーデンルームを施工しており、

床材を樹脂デッキへ交換するリフォーム工事も数多く手がけています。

 

 

◆事例1

 

【ビフォー】

 

7-210


7-310

 

ガーデンルームは、LIXILの「暖蘭物語」。

米スギ材のウッドデッキで施工しましたが、

ガーデンルームの外側部分が腐食してしまっています。

 


7-45

 

ガーデンルームを屋根部分のみにして、

樹脂デッキ「樹ら楽ステージ」へ交換していきます。

 

 

 

 

【アフター】

 

7-54

 

ガーデンルームは全てそのままですが、

床を交換しただけで、まるで新品のようにキレイになりました!

 

 

◆事例2

 

【ビフォー】

 

7-62

 

こちらもLIXILのガーデンルーム「暖蘭物語」です。

同じように、床のウッドデッキがあちこち落ち始めていて危険な状態でした。

 

 

 

 

【アフター】

 

7-71

 

樹脂デッキ樹ら楽ステージ」に交換しました。

ウッドデッキの大きさも見直し、少しコンパクトなサイズに。

 

7-81

 

ガーデンルーム内も、こんなに美しく仕上がりました!

まだまだ長くガーデンルームを活用できそうですね。

 

 

ガーデンルームが発売され始めたばかりの頃は、

ウッドデッキの上に載せるような施工をしていました。

そのため、土台であるウッドデッキが腐ってくると、

ガーデンルーム自体が傾いたり、歪んでパネルが動かなくなったりしてしまいます。

 

しかし、ウッドデッキを交換すれば、

まだまだガーデンルームをお使いいただけるケースが多いので、

ぜひ一度グリーンケアへご相談ください。

 

 

外構・お庭づくりの施工事例はこちら▶▶

 

Go to top