鈴木社長の思いやりブログ

春本番へ
2018年4月16日|カテゴリー「鈴木社長の思いやりブログ
今日は、社長の鈴木です
いつもご愛顧有難うございます


楽しみにしていた桜もあっという間に満開になり
ささやかな事務所での花見で終わってしまいました


仕事の方は冬の寒さが厳しかったので、春の準備が
遅くなり、急に暖かくなり、のんびりムードが一転して
施工が追われる状況になってきました


暖かくなったらと、冬の間待って頂いていた植栽工事、
芝張、ガーデン工事が一気にできるようになりました


急に忙しくなってしまう季節なんです


例年の事とは言え、冬から春にかけての準備、段取りが
中々難しい季節となりました


今週末、21日、22日、今年初の体験型イベントを
当社展示場で開催致します
(詳しくはホームページ、チラシをご覧ください)


ご家族、お誘いあわせのご来店、お待ちしております



平成30年度、色々なことに挑戦しながら、皆様の
ガーデン&エクステリア生活にお役に立てるよう
頑張って参ります


グリーンケア、今年度も宜しくお願い致します




楽しみな平成30年度、
2018年3月31日|カテゴリー「鈴木社長の思いやりブログ
今日は、社長の鈴木です


明日から新年度、今週は仙台でも気温20度越え
例年にない暑さ、春から一気に、初夏を思わせる
気候となりました


先月まで、雪と、厳しい寒さに見舞われた、今年の冬
3月がこんなに暖かくなるとは、天気は本当に分からない
ものですね


昨日からはプロ野球が開幕し、甲子園では高校球児が
連日熱戦を繰り広げております
我が楽天イーグルス、どんな戦いをしてくれるのか
非常に楽しみです


仙台でも桜の開花も、来週から始まり、正に春本番です


平成29年度、グリーンケアは沢山のお客様にご愛顧
頂き、近年では最高の結果を出させて頂きました


お問い合わせ、ご来場、ご契約、ご紹介等々、皆様の
お陰様で順調に結果を残すことが出来ました


改めてご愛顧に感謝し、心からの御礼を申し上げます


本当に有難うございました


平成30年度は更に、お客様のお役に立ちたい
その一心で、色々な形で、お客様に喜んで頂ける取り組み、
イベント等でお客様と距離を身近に感じて貰えるよう
スタッフ一丸となり取り組んで参ります


平成30年度、グリーンケア、宜しくお願い致します

大儀無き国会議員、官僚、
2018年3月13日|カテゴリー「鈴木社長の思いやりブログ
今日は、社長の鈴木です
いつもご愛顧有難うございます


今日は風もなく、穏やかに晴れて先週までの寒さから
一転、春らしさを感じております


明日は日中、18度まで暖かくなるとのこと、大好きな春の
到来がもうすぐといった感じです


気候は春に向かっているのに、日本の政治は逆に真冬の
状態です


いく末が非常に懸念されます


連日報道されている、森友学園の土地取引問題、国家
中枢のあの財務省が国会提出の書類を改ざんしたのです


私は、日本の民主主義政治を根幹から揺るがす
とんでもない事態だと思っております


いろんな情報から感じられることは、特定の人に
忖度をして、事実を捻じ曲げ、国会という場において
書類改ざんまでしてつじつま合わせをしたのです


特定の人とは、正にあの人の事です


一体何の為、誰のために、答えは明白です
事実は間もなくハッキリされると思います


佐川前国税庁長官の辞任だけでは決して収まらないと思います
もしそれだ終わってしまったら、一体日本の政治家、政府、官僚
さらに国民はきっと他国からもバカにされる位の事態です


この状況を黙認してしまうことは、国家的危機だと思います


今後かなりのうねりの中、大幅な政治的転換が起きるように
見えます


国会、国民をバカにするにもほどがあります




今回の事態は、国家、国民目線方は全く離れた、一部の
人達為の、保身を助けるために起きた事件です


そこに関わった人達はいずれ、法の裁きよりも重い
国民の裁き、天の裁きに必ず合うと確信しています


世の中、そんなに甘くは有りません



青雲の志を抱き、議員、官僚になったはずです


国会議員の皆さん、官僚の皆さん、もう一度
あなた達の大儀、為すべきことをシッカリ思い
起してください

備えあれば憂いなし
2018年3月5日|カテゴリー「鈴木社長の思いやりブログ
今日は、社長の鈴木です
いつもご愛顧有難う御座います


今日はあいにく、午後から雨模様
これからは一雨ごとに気温も上がり、いよいよ
待望の春の訪れを感じる季節となります


大いに盛り上がったピョンチャンオリンピック、数々の
感動のシーンが蘇ります


暫く振りに本当に楽しい時間を貰いました


さて、あの未曾有の大災害、東日本大震災から間もなく
7年になります


TVではここ連日、あの時の津波の映像や、これから心配される
南海トラフ巨大地震に対する備えが放映されております


7年前の映像を見ると、津波の大きさ、怖さ、被害の大きさに
心が揺さぶられます あの時の事が今でも鮮明に蘇ります


未だ行方不明の方や、震災関連で亡くなられた方々は2万人を
超えるという、我々の想定を遥かに超えた巨大地震でした


東日本大震災が起きる前には、宮城県沖地震がいつ起きても
おかしくない、その確率は70%ともいわれ、その備えを
して置くようにと盛んに言われていました


でも現実は、30年位前に宮城県沖地震を実際体験し、
その怖さを知っているのにも関わらず、具体的な備えは
余りしておりませんでした


どこかで地震を甘く見ていた
あの時以上の地震はそう起きるものではない


しかし実際起きた巨大地震は、その甘さを吹き飛ばす位の
想像を絶するものでした


                                       
只、グリーンケアスタッフには、とにかくお互いに連絡が取れる
ように、何時でも、何処にいて、どんな状況で、どんな行動をしているか
常に分かるようにして於いてほしい


万が一を想定して、このことだけは常に話しておりました


大震災になった時には、一時的に固定電話も携帯電話も
全く繋がらない状況になってしまいました。震災直後のころは
比較的電話連絡が取れたので、いち早く社内的には安否確認が出来ました


大震災の時経験した事、食料、飲料水はお互いに融通しあって
確保できたので、比較的苦労しないで済みました


私の住まいは田舎なので、水道、電気の復旧が10日から2週間
かかったので、お風呂、水洗トイレ、暖房、照明が使えませんでした
さすがに辛い、不自由な時間を過ごしました


水道、電気の有難さを改めて身に染みて感じました


一番苦労したのが車の燃料です 軽油、ガソリン不足です
先ず、スタンドに電気がないので、モーターが動かせない
更に、道路事情等でタンクローリーで油を運搬できない


正に油断大敵状態でした


この状況は私も、初めての経験でした
どこかに行きたくてもガソリンがなくて車を動かせない
仕事がしたくても軽油がなくて車、重機が動かせない


毎日、整理券を確保して、一人10ℓまたは20ℓと数量制限でしか
ガソリン、軽油を買えない 給油を待つ車で、行列が出来て、夜は
次の朝の給油を待って車は道路に一晩路上駐車あり得ない光景でした


あの時は本当に燃料確保に必死でした


あの当時の教訓で今も、車のガソリンは常に
満タン状態を心掛けております


昔から、備えあれば憂いなしとよく言われております


万が一に備えておくことはとても大事です
備えておけば災害に見舞われ無いかもしれません


全国各地どこで大震災に見舞われるか分かりません


お互いに備え万全を心掛けましょう





素晴らしい日本選手の活躍
2018年2月25日|カテゴリー「鈴木社長の思いやりブログ
今日は 社長の鈴木です
いつもご愛顧有難う御座います

今日はあまり風もなく、穏やかで暖かな天気です
少しづつですが春の訪れを感じております 
     

楽しみにしていたピョンチャンオリンピックそそろ閉幕です
日本選手、期待に応え、金4個、銀5個、銅4個
計13個のメダル獲得 大活躍の冬季オリンピックでした


長野大会を抜いて史上最高のメダル獲得ということです
沢山の感動をもらい、十二分に楽しませて貰いました


特に後半、スケート競技(女子)の活躍は圧巻でした


スピードスケート500の小平選手、女子追い抜き(パシュート)
高木菜那、美帆姉妹、今回から初競技のマススタート 高木菜那選手と
金メダルを期待され、その重圧をものともせず見事金メダルを取りました


丁度、時間帯も夜遅い時間のTV放映なので、しっかりと観戦、応援出来ました


日本選手の活躍をリアルタイムで見れて、応援出来てこんなに
楽しく、興奮出来て、感動的な時間を久々に味わいました


そして最後は女子カーリングで見事初のメダル(銅)獲りました
競技中に交わされる「そだねー」が一躍流行語になりそうです
どんなピンチの時でも彼女たちは笑顔で明るく、おそらく本当は想像を
超える緊張感、そんな時でもオリンピックを楽しんでいる雰囲気が
こちらにも伝わり、微笑ましく見ていました


他の国の選手に比べると本当に小柄ですが、実は優しくて強い
ほっこりとした彼女たちのチームワークの良さはまさに日本の誇りです


TV放映も、各局、さまざまな解説者をゲストに迎え、見ている人たちに
より解りやすく解説し、時には必死で応援したりして、楽しませてくれました


応援している各選手の地元の人達や、支えてくれているスポンサー
コーチ、スタッフといろいろな角度から普段見られないところに
スポットを当てて放映してくれたので、尚更感動が深まりました


日頃のバラエティ番組で辟易していましたが、今回TV各局頑張りました


放映する題材が素晴らしいとやはりいい番組が出来るんですね



いろんな選手やいろんな競技がありました、が、
数多く放映されるのはやはり、メダルを取ったり、活躍した選手です
皆、それぞれに頑張ったんです でもそれが厳しい現実なんですよネ


やはり勝負事は、究極は勝たないといけません
強くなって勝ち続けないとといけません


そうならないと取り上げてもらえない、厳しい現実が厳然とあるんですネ


その勝利の裏には、凡人には知りえない努力
練習、鍛錬、節制、精神力、考え方、協調、支援と様々な戦いに
勝利しないと、簡単にメダルは取れないと思います


そのすべてをクリアして掴んだメダルです
あの笑顔、ガッツポーズは最高にしびれる瞬間です


正に万感の思いが身体中から溢れ出ます


メダリストの皆さんに心からのお祝いを申し上げます


そしてピョンチャンオリンピックを支えてくれた皆様に
心からの有難うと言わせてもらいます


我々グリーンケアもお客様から、沢山の金メダルを頂けるように
スタッフ一同、更に頑張って参ります









金メダリストは人柄も金メダリスト
2018年2月20日|カテゴリー「鈴木社長の思いやりブログ
今日は 社長の鈴木です
いつもご愛顧有難う御座います


連日厳しい寒さが未だ未だ続いています
夜明けは早くなり、日暮れもだいぶ遅くなってはいますが
未だ未だ気温マイナスの日当分続きそうです



さて、金メダルが期待され、中々金に届かなかった
ピョンチャンオリンピック、日本選手団


ようやく金メダル取れました
我が仙台の期待の星、羽生結弦選手が日本選手
待望の、金メダル第1号になりました


出場も心配される位の大ケガで、しかも出れば金メダルの
宿命を背負わされ、大変な重圧とプレッシャーと闘いながら
素晴らしい演技で、圧倒的な強さで優勝しました



その素晴らしい演技に思わず涙がこぼれる位感動しました



又、2個目の金メダルは、スピードスケート500mの
小平 奈緒選手が見事獲得しました
女性、日本人初の金メダルなそうで、1000mで彼女はすでに
銀メダルを獲得しており、金と銀の二つのメダル
正に、快挙というほかありません



しかし小平選手もここまで決して平坦な道のりでは
ありませんでした





彼女も中々結果が出せない時期がありました
それでもあきらめず自分を信じてオランダで1から
スケートを見直し、今のスタイルを作り上げ、決して
若くない、31歳での快挙です


どんなときにもあきらめない姿勢だ大事
二人はまさにそれを金メダルを通して教えて
くれました



羽生選手、小平選手本当におめでとう
夢を有難う まさに日本の誇りです



金メダルを取った映像を何度も何度も見ました
二人がインタビューされている番組もワクワク
しながら見ています



二人に共通して言えること
先ず、笑顔が素晴らしい、最高の笑顔です
様々な試練、期待、我々では到底体験出来ないような
重圧を乗り越えて掴んだ人にしかできない笑顔だと思います


世界一の笑顔です


そして人間性の素晴らしさです


自分の努力はさておき、とにかく皆んなに感謝、感謝の姿勢です
頂点まで登りつめた人の心からの感謝の言葉
一ファンとしてこんなに嬉しいことはありません


やはり金メダリストはその競技は勿論世界一ですが
その人間性に於いても世界一の人格ですね


あの若さで中々あのようになれません、感服です


これから、競技は金メダル、メダルを取れそうな種目も
未だ未だあります


一所懸命応援を続けます  日本頑張れ

いよいよ始まった平昌(ピョンチャン)オリンピック、
2018年2月10日|カテゴリー「鈴木社長の思いやりブログ
今日は 社長の鈴木です
いつもご愛顧有難う御座います



さあ、いよいよ冬季ピョンチャンオリンピック始まりました
北朝鮮の突然の参加だけではなく、何かしら日本選手の
活躍が期待できる楽しみなオリンピックの予感です


従来ですと、試合の結果をニュースで見るか、特に関心の
ある競技にだけ実況で見るかぐらいでした


しかし今回は違います


今回のオリンピックはメダルを狙える競技、選手がかなり多く、
時間が許せば、できる限り観戦して応援したいとおもっています


先ず、男子フィギアの地元羽生選手、女子ジャンプの高梨選手
女子スピードスケート、小平、高木両選手、その他スノーボード
カーリング、ノルディックスキー、等々は金メダルを狙えます



前回のオリンピックから4年、厳しい練習を重ね、この日に全てを懸ける
そのアスリートの姿は必見です


オリンピックが終わるまでは又TVに釘付けになる時間が
増えそうです

日本選手、頑張れ
残念、闘将星野監督逝く
2018年2月4日|カテゴリー「鈴木社長の思いやりブログ
こんにちは 社長の鈴木です
いつもご愛顧有難う御座います

先月4日、本当に残念なことが起こりました
地元楽天イーグルスを2013年、夢の日本一にしてくれた
星野前監督がなくなりました


私より一つ先輩の70歳、親しい仲間にも病状を知らせず逝った
星野さんらしく最後まで男を貫いた、見事な人生だったと思います


私自身、中学、高校と野球部で野球に夢中になり、当時巨人の王、長嶋の
大ファンで、連日野球放送にくぎ付けになり、応援していたいたものです


その頃の巨人軍はスター選手も多く、めっぽう強く、9年間日本一に
輝く、常勝球団でした


その巨人軍に、強力打線に、闘志むき出しに、投手として敢然と
戦いを挑んだ星野仙一の姿は、プロ野球ファンなら誰しもが印象に
残っていると思います


選手引退後は、中日、阪神で監督として指揮を執り、どちらも
リーグ優勝に導きました



監督としての才能も高く評価されました


その後、我が楽天の監督を引き受けたものの、就任1年目に東日本大震災、
東北は未曾有の大災害に見舞われ、大変なスタートになりました



何とか野球の力で東北を元気にしたい、被災された人達の力になりたい



その為に楽天イーグルスを日本一にする  そう宣言しました


しかし、日本一にはそう簡単になれるものではありません
創設6年でAクラス1回しか経験のない、弱いチームなんです


しかし、東北楽天を日本一にする
その為の必死の取り組み、戦いが続きました



そしてついに、、、、あの光景が今でもまざまざとよみがえります


2013年11月3日、雨の中、夢にまで見た、東北楽天イーグルスが
ついに、あの星野監督の宿敵、巨人軍を破り日本一になりました



星野監督は選手に胴上げされ、何度も何度も杜の都仙台の夜空に舞いました
星野監督にとっても、我々被災した東北人にとっても最高の日になりました


星野監督が楽天の監督を引き受けてくれなかったら、おそらく
あのような歓喜は味わえなかったと思っています



鉄拳制裁も辞さない鬼のような形相、選手をいたわるときの優しい笑顔
どちらも星野監督です



強いものには本気で立ち向かい、弱い立場の人は本気で支える
その魅力に我々はしびれてしまいます


人間「星野 仙一」を見事に演じきった大スターだったと思います


星野監督、夢を有難う  お疲れ様でした




埋まらない考え方の違い、
2018年1月29日|カテゴリー「鈴木社長の思いやりブログ
今日は 社長の鈴木です
いつもご愛顧有難う御座います


連日寒い日が続いております
東京では積雪及び寒さが50年ぶりとか報道され、
日本中が寒波にすっぽり覆われているような状況です


今日は最近感じていることにつて触れてみたいと思います


それはテレビを見て感じることです
何か番組の内容が各局どこも同じ横並びの感じて、視聴率ばかり
気にした内容としか思えないことが多々あります


昨年末あたりから、大相撲、相撲界絡む暴力問題、相撲界の体質が
連日のように報道されています


同じような番組内容で、手を変え、品を変えて、もううんざりと
感じてしまいます


そう感じるのは私だけでしょうか


旧態以前の相撲界の体質を、近代的な開かれた体質に
変えたい、そのことに対しての様々なキャストの発言が
これでもか、これでもかと言ったくらい放映されております


内容を聞いていると、何か本質とずれている、憶測だけで
議論をして盛り上がっているしか思えないことが
沢山あります


真実がわからないまま、憶測だけの議論が繰り返されています


報道される側の事を本当に調べたのか、会って話を聞いたのか
相手の立場を思いやったのか


明らかに、たぶんとか、もしかするとか、自分だったらとか
そんな内容が明らかに多すぎます


中にはこんなゲストに、こんなことを聞いて本当に
的確な返事が返ってくるの?


明らかにミスマッチそのものです
もしかして、笑いを取りに行っているの?


最近のTVは何か非常に内容が薄く、コマーシャルばかり多く
うんざりで、BSしか見なくなってしまいます


中には本当に内容があり、キャストもよく感動を覚える番組も
あります    頑張っている番組もあるんです


でも全体的に明らかにTVは内容が落ちている気が致します


作りて側だけの立場(視聴率重視)は大事なことは
理解できます


しかしもっと視聴者側の立場に立って、報道される人の
立場に立って、内容を吟味して、各局がお互いに競い合い
取材や切り口で、番組を作っていかないと早晩TV離れは
急速にやってくるような気がします


TVを見ながら考え方を変えないと大変だな、そう思ってしまいました

改めて職人さんに感謝、
2018年1月20日|カテゴリー「鈴木社長の思いやりブログ
今日は、社長の鈴木です
いつもご愛顧有難うございます


今週16日(火)恒例の弊社新年会を開催致しました
うちのスタッフ、施工班の皆さん、代理店さん、メーカーさん
大いに、勉強し 大いに飲み、大いに歌い、楽しいひと時を
過ごしました


今年の勉強会は職人さん、特に現場にスポットあて
施工現場のデザイン、施工、仕上がりを参加者全員で
評価し、投票し、グリーンケア大賞を選びました


全部で17作品(17現場)をピックアップし、各自PRして
現場自慢を競い合いました



約2時間半、皆んな真剣に画面を見、担当者の説明を聞き
各現場のレベルの高さ、施工に取り組む、職人さんの姿勢に
改めて感動しておりました


私自身もある程度、現場の状況は把握しております
しかし全てを見ているわけではないので、今回の
現場報告会は新鮮な喜びとなりました



皆がひたむきに、真剣に取り組む姿に新たな感動です


参加した職人さんも自分の現場については分かるものの
他人の現場につては、誰が、どんな施工をしているかは
全く分かりません


お互いの現場をみると、それぞれに特徴のある、立派な
施工をしている   外構、植栽、タイル、石張り、電気 左官
塗装、舗装、ユニット組み立て等々、各分野で、お互いに協力しながら
一つの作品を作っている


手前褒めになってしまいますが、ガーデン&エクステリア(外廻り)に
関しては、お客様の様々なご要望にお応えできる


大規模でも極繊細でも、又小規模、単純でも対応可能です


自信をもってそう言える、ご満足の頂ける施工が出来る


改めて、参加者全員に感謝、脱帽でした


お客様のお問い合わせ、ご要望、ご注文宜しくお願い致します


新年あけましておめでとうございます
2018年1月7日|カテゴリー「鈴木社長の思いやりブログ
社長の鈴木です

新年明けましておめでとうございます
昨年中は格別なるご愛顧賜り有難うございました
本年もよろしくお願いいたします。


グリーンケアは昨日が仕事始め
恒例の神社にての新春祈願、挨拶回り
軽めのミーティング


そして本日より通常業務 早くも打ち合わせのお客様に
ご来店頂き、順調なスタートを切らせて頂きました



好調な大手企業の業績、そして絶好調なアメリカ経済
それを反映しての株高、年末年始の海外旅行は過去最高と
いったように景気は概ね好調のようです


しかし依然として一般国民の賃金はあまり上がらず、実感としての
好景気は1部の限られた人達といった感じさえ致します


将来の老後への生活不安(果たして年金は出るのか)とかを考えると
どうしても消費よりも蓄えの方に行ってしまうのは当然と言えば
当然と言えます


国も私達も新しい生活スタイル、暮らし方を考えないと
このままいつまで経っても全体的な景気の底上げは
出来ないように思います



弊社グリーンケアは、新しいお庭での暮らし方提案
家族での、楽しいお庭での過ごし方をお客様と一緒に
考え、施工させて頂き、ご満足頂いております



様々なお庭での暮らし方提案が本当に沢山あります



家族、友達、仲間、地域の皆様とご自身の健康、趣味など
ご自身のお庭を大いに活用して、新しい楽しみを作っていく


お庭が最高の憩いの場、交流の場に成っていく
本当の楽しみはごく身近にあります


そのお手伝いをしながら、日本経済の一助になれば
こんなに嬉しいことは御座いません


グリーンケアの今年、これからの大きなテーマになります
本気で、取り組んで参ります










忖度(そんたく)することはとても大事、
2017年12月22日|カテゴリー「鈴木社長の思いやりブログ
今日は、社長の鈴木です
いつもご愛顧有難うございます


今年ももう僅か、年末、年始に向けて、正に師走
忙しい毎日を過ごしています


今年は忖度と言う言葉が流行語になって結構
使われました


忖度という意味を調べると、「他人の気持ちを推し測ること」
「推し測って配慮すること」とあります


相手の立場に立って、こうしてあげたら役に立つ
役に立てるよう、色々な形で応援してあげよう



いかにも日本人的な、いい言葉だと思います
私が一番好きな言葉、「思いやり」に通じ、
人情の機微に触れる独特な日本語です


私達、事業を行うものにとってはむしろ忖度なくして
商売を行うのはむしろ難しいことになってしまいます


お客様の気持ちになって忖度をする
一緒に働く仲間に忖度をする
取引先に忖度をする


忖度をすることによって世の中が上手く廻り、
忖度は日常生活の潤滑油のようなものです



しかしその忖度が、我々の税金を使って行われる
公的な事業や、公的な選別に使われるとなると全く
違った話になってきます



一部の偏った人たちに忖度をして、行政が歪められたり
利権が集中したりすることは、あってはならないことです


今年マスコミで大きく取り上げられ、未だ解決していない
いわゆる森友、加計問題はまさに忖度問題そのものです


行政側は法に触れるような忖度は一切しておりません
との主張を繰り返しています


私的には大きな力の為に、一部の人達の為に
行政が歪められ、忖度がなされたようにしか見えません
忖度が正しく使われなかったように思います


今年は忖度が悪い見本のように使われた様ですが
来年は是非、正しい忖度に戻って、いい1年に
したいものです






感謝、感謝のこの1年
2017年12月10日|カテゴリー「鈴木社長の思いやりブログ
今日は、社長の鈴木です
いつもご愛顧有難うございます


今年も残すところもう僅か、振り返ってみると
今年は昨年の25周年記念イベントといったような大きな
行事はありませんでした


そんな1年でしたが、私の心の中では


皆様のお陰様で、比較的平穏な中にしっかりとした結果を
残せた1年になったように感じております


少しずつですがグリーンケアを知って頂いたお客様が増えて、
確実に、業績に反映出来たように思っております


その要因としてはポスティング、希望の芽出店、チラシ広告、庭ごよみ、
お客様感謝祭、ホームページのリニューアル、展示場の改修等々
積極的にグリーンケアのPRに努めました



又、お客様に対してのヒアリング、接客対応の向上、
より早いプランニング、お見積りの提出、工期の早期設定と
出来るだけお客様のご要望にお応えできるように、体制の強化に
取り組んで参りました


手前みそになるかも知れませんが、そういった一つ、一つの
積み重ねが、お客様の心に届いたのかも知れません
今日より明日、去年より今年、今年より来年と、地味では
ありますが、お客様に対する基本的な心構えを徹底的に身に着ける


しかしながら



簡単そうですが、実は、そう簡単に身に着くものではものではありません
私自身もお客様に対して失礼がなかったのか
本当に喜んで頂けたのか、今でも自問自答しております


私達グリーンケアの仕事は、お客様にとっては住宅購入の次に
高額な買い物になります


時には1000万を超える工事を受注させて頂くこともございます


そんな高額な工事をお任せ頂いたお客様にとって、グリーンケアに
頼んで本当に良かった、又何かあったら頼みたい


親戚、友人、知人にも紹介してあげたい、そう思って頂ける
事が出来ればこんなに嬉しいことは御座いません


お客様にファンになって頂けるよう、スタッフ全員が取り組む


お客様とそんな関係になれるよう取り組みを続けて来ました
未だ未だの処も沢山あります、が、



繰り返し、繰り返し反復することでようやく身に付きます


それが少しづつ評価された1年、お客様との距離がぐっと

縮まった、そんな手応えを感じた1年でした



更に来年は今年以上に、信頼される会社に成長するように
頑張って参ります


有難うございました




平成29年の師走
2017年12月3日|カテゴリー「鈴木社長の思いやりブログ
今日は、社長の鈴木です
いつも、ご愛顧有難うございます


今年ももう12月、あっという間の1年
年齢を重ねると、年々、1年間が何か短いように感じられます
例年のごとく年の瀬は年内完成の現場が多く、施工は
最後の追い込みといった状況です


今年は、夏と秋口に長雨が続き、その影響で工事に遅れが
発生して、完成時期がずれてしまい、お客様にはご迷惑を
お掛けしてしまいました


10月中旬頃から、天気も落ち着き、施工もほぼ予定通りに
進めるようになりました


現在は例年通り位まで回復して参りましたので、ほゞ予定どおり
お引き渡し出来、安心して新年を迎えられそうです


今年は展示場を大幅にリニューアル致しました
特に駐車場廻り、ガーデンルーム周辺を最新の製品を
使い、レイアウトしてお客様PRに努めました


お陰様で大型カーポート、ガーデンルームのご注文を
毎年より沢山頂く事が出来ました


本当に有難うございました


普段、ホームセンターさんや、他のところであまり見ることが
出来なくて、グリーンケアでしか展示していない商品を
よりピックアップして展示場をグレードアップ致しました


未だ未だやりたいことは沢山あります
お客様の立場に立ってみて、こんなものがあったらいいな、
こんな商品を見てみたいな、そういった願いをできるだけ
叶えて差し上げられる展示場に進化していくつもりでおります



又、今年は、10月から図面の有料化に踏み切りました
今まではどんなに難しくても、何枚も図面を書いても、全て
無料でした



ご来店して頂いて、お打ち合わせ、現地調査、プラン作成
お見積り、ご契約、施工、アフターと進んで参ります


現地調査を行い、お客様のご要望をお聞きして、プランナーが
知恵を絞って、最適なプランを提案させて頂く



時には3回、4回と打ち合わせを重ね、その都度図面を修正して
お客様に本当に気にいって頂けるまで図面を書き続けて
参りました



図面作成にどんなに経費が掛かろうと全て無料でした



これまでのさまざまな経緯を考慮して、プランナーの努力が
少しでも評価されつつ、より精度の高い、プランニング、
図面作成をして行く


お客様、グリーンケアお互いがより本気になって、お客様の
ガーデン&エクステリアの作品作りに取り組む


その為の図面有料化です


有料化開始したものの、果たして、お客様にご理解いただけるか
どこの業者もやってないのに、なぜ有料化なんだ


その為にお客様が減ってしまうんではないか



そう思うと、一抹の不安もありました


でも開始してみると、有料でもいいので、他にはない提案
図面を作って欲しい


「図面作成料1万円はむしろ当然だと思っている」



そうご理解頂けるお客様が圧倒的に多く、ほっと一安心
している処です


作成した図面でご契約頂ければ、もちろん図面料は
お返しいたしますので、図面料はかからないことになります



何か新しいことを始めようとすると、さまざまなハードルがあり
中々、スタートが切れません


全国の同業者の中には、大分前から図面有料化にしている所は
少なからずあります


只、地元仙台では、グリーンケアがおそらく初めてだと思っています



図面有料化が、結果的に、お客様とグリーンケアにとって
最良の関係が構築出来ると私は確信しております


私たちグリーンケアは来年も様々なことに取り組み
進化を続けていく所存です



今年も残り又僅か、良き年を迎えるために、健康に留意をし
お客様に喜んで頂けるよう、更に精進して参ります
















超多忙の1週間、
2017年11月23日|カテゴリー「鈴木社長の思いやりブログ
今日は、 社長の鈴木です
いつもご愛顧有難うございます


ここ数日は11月にしては厳しい寒さが続きました
気温も氷点下になり、時折、小雪が舞う天候でした


冬本番真近といった感じです


先々週、12日から、地元区長会で、福島、磐城での研修旅行
15日から三協アルミさんの協力会で、鳥取、島根の二泊
三日の研修旅行、17日からは大阪で業界の専門店で結成
されている、エクアライブ(EXALIVE)の全国総会に出席


ほぼ1週間、会社に出勤出来ない状況でした


こんなスケジュールの中、1番楽しみにしていたのは、島根の
足立美術館の視察研修でした


若い時分、職人として造園工事を職人として経験した
こともあり、庭園には特別な興味があります


京都をはじめ、さまざまな日本庭園を鑑賞して来ましたが
足立美術館の日本庭園は初めての事でした


ここ10年来日本庭園連続日本一に輝く素晴らしい
庭園でした


日本庭園の持つ素晴らしさ、奥深さを堪能しました


詳しくは機会をみて紹介いたします


1週間、このようなハードスケジュールは年齢的にみても
結構大変です


研修といえば、夜には懇親会がつきものです
懇親会といえば2次会も有りますよネ


日中も、そして夜も、楽しい内容の1週間でした


思えば、それが出来るのも、先ず、自分自身がお陰様で、健康に
恵まれている為、会社を留守にしても安心して任せられる
スタッフに恵まれている為、そして研修、視察、懇親会を一緒にできる
仲間に恵まれている為、


そんな環境に恵まれていないと中々このような体験は出来ません


若い頃はよく、海外旅行で1週間程度留守にすることは度々ありました
しかし、忙しい中、1週間留守にすること本当に大変なことでした


只、今回のような1週間は初めての経験でした


いつもながら支えて頂いている皆様に感謝しながら
これから、未だ未だ頑張れそうな自分に手応えを感じた
1週間でした




Go to top