鈴木会長の思いやりブログ

嬉しいお客様の声、
2018年11月10日|カテゴリー「鈴木会長の思いやりブログ
今日は会長の鈴木です
いつもご愛顧有難うございます


街並みの樹々も紅葉から、落葉に代わり、事務所周辺の
落ち葉掃除に女性スタッフ共々精を出しています


6月から会長職になり、社長時代よりは精神的、肉体的負担は
少し少なくなってきました
只、【未だ未だ頑張らないと】そう思っている自分がいて、
頑張りすぎる傾向があります



時間との経過と共に、本当の意味での会長職に馴染んで行くことと
思います


有難い事に、私が仕事でお世話を頂いたお客様数人の方から

【会長、長い間お疲れ様でした 今度はゆっくり自分の時間を
 作って下さい】

そう言った暖かい言葉を頂きました 正に感無量です


又、グリーンケアの会社の雰囲気、対応やプラン、職人の仕事振り等々
お褒めを頂く事が多くなって来たように感じております


会長として、自分が褒められるより、グリーンケアのスタッフや
仕事の出来栄えを褒めて頂く事がはるかに嬉しい出来事です


自分の子供達が育つように,グリーンケアで働く皆んなが、お客様に
支えられ、育てられ、力をつけていく姿を見ていると


正に会社経営の醍醐味、人と人の関わりあいの妙味を感じます


私のこれからの大きな仕事、【人を育てる】このことが大きな使命
だと思って居ります


これまでの人生で得た経験の中、人として、又職業人として
どうあるべきか


そのことを伝え、育てていって、お客様に愛される、スタッフに
更に育てて参ります


今後とも宜しくお願い致します


今年もあと残り2か月、
2018年10月28日|カテゴリー「鈴木会長の思いやりブログ
今日は、会長の鈴木です
いつもご愛顧有難う御座います



今月も残りあと3日、気が付けば今年もあと2か月
正月明けたと思ったらあっという間にこの時期に、、、、
年齢とともに1年経過のスピードが増している感じです



秋の深まりとともに、春先とは違った何か物寂しい気分になります



これから先、日没もどんどん早くなって、午後4時過ぎには暗くなり
現場作業の時間が極端に短くなります



年末まで完成の工事が増えてきているので、段取り(準備)よく
していかないと工事の遅れが心配されます


お客様の心理としてはやはり工事完成された処で新年を迎えたい
当たり前の事ですよネ


1番の懸念事項は、寒くなるにつれて、土間コンクリートの施工が
思うように行かなくなることです



生コンの注文が集中(午前中)して予定通りに手配が出来なくなり
又、天候の状況でキャンセルしてしまうと、暫く生コンが取れなく
なってしまいます




新築外構工事の場合、駐車場ができていないと生活に支障をきたして
しまうので、何とか土間コンクリートは完成させたいところです




今年もあと2か月、段取りよく、工事完成させて平成最後の年を
締めくくりたいですね






どうなる消費税UPの行方、
2018年10月20日|カテゴリー「鈴木会長の思いやりブログ
今日は会長の鈴木です
いつもご愛顧有難うございます


最近は朝晩、めっきり涼しく(寒い)なり正に秋深し
そんな感じです


夕暮れが早くなり、紅葉も少しづつ里の方に降りて来ています
ドーダン、モミジ、ケヤキ等赤味が鮮やかになって
色どりの妙が楽しませてくれます


先日、来年10月からの消費税10%になると正式に発表されました



2014年に8%になってから、2015年10月、そして
2017年5月と2回、10%になることが先延ばしされました



政府は今度は本気のようですが、それが中々簡単ではなさそうです
難しい問題、国民の理解と問題山積のように思えます



そもそもが、消費税を上げる根拠がいまいちハッキリしていません
大きくなる社会保障の財源、子育て支援、財政再建だったりと
どこがどうなのか未だに理解に苦しみます
本当に何の為に上げるの、上げて景気は大丈夫なの


そんな不安、満載です



景気対策として軽減税率の導入を図り一般消費をなるべく軽減する
しかし、その為に中小事業者は新たな設備投資が迫られる



又、駆け込み需要だったり、買い控えだったりと逆に
日本経済にとっては2%の税収よりも、2%以上の税収の落ち込みが
大きくなってしまう懸念の方が大きいとの見方も浮上しています


どうしても上げなければならない国民への具体的な説明
国民への負担へのお願い、健全財政への展望への具体策



八方美人的な今の政府の取り組みでは、又先送りされるような
気がしてなりません



私は今の8パーセントで済むのであればその方が有難いです





秋本番、紅葉の季節
2018年10月14日|カテゴリー「鈴木会長の思いやりブログ
今日は、会長の鈴木です
いつもご愛顧有難うございます


もう10月も半ば、朝晩急に冷え込んで
夕暮れもだいぶ早い時間になってきました



街路樹のケヤキも紅葉し始まってきました
食欲の秋、芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋、そして
ガーデンの秋  まさに秋本番です



最近特にご依頼の多いベストスリー、1、木製デッキの改修工事
(樹脂デッキ、タイルテラスにする) 2、目隠しフェンス
(生垣が大きくなったための撤去、目かくし)3、防草対策
(防草シート+砂利敷、人工芝張、平板敷)



いずれも、今まで何とか我慢しながら生活していたものの、いよいよ
限界を感じてのご相談がとても多く、建築後15年から20年以上の
お客様にとっては当然起こり得る現象が起きて来たのかなという感じです




グリーンケアではそれぞれのお悩み、ご相談に対し、お一人、お一人に対し
費用面も含めて、お客様の立場に立ったご相談対応、最良のご提案を
心掛け、実施しております


お庭の事、外構の事、住宅の外廻りの事なら何でOKです


気軽にご相談下さい


ご来店お待ちしております





沖縄知事選に思う、
2018年10月6日|カテゴリー「鈴木会長の思いやりブログ
今日は会長の鈴木です
いつもご愛顧有難うございます


先週はお客様感謝祭  大勢のお客様にご来店頂き、
楽しく、又有意義なひと時を共有致しました
心配された台風は、日曜日、雨は降ったものの強風はなく
大きな影響を受けなくて、ホッといたしました



何かとお忙しい中、ご来店頂きまして改めて心から
御礼を申し上げます



有難うございました


同じ日曜日、沖縄では知事選挙が行われました
正に台風直撃の最中、沖縄の人達は期日前投票、
そして当日投票と投票所に足を運び、新しい知事を選びました


結果は、玉城デニー氏が自民、公明、維新推薦の佐喜眞氏に
8万票以上の大差をつけ新知事に選ばれました



争点はやはり基地問題、普天間から辺野古への新基地移設です
沖縄の人達は、新基地を新たに作る事に反対
これ以上沖縄に基地はいらない、作らせない
其の総意が選挙結果だと思います



前翁長知事の意思の継承を県民が更に支持したのです
この結果は沖縄、そして日本にとって大きな、思い
選択を意味します



古く沖縄は薩摩藩の圧政に苦しめられ、戦争では本土決戦の
名のもととんでもない数の方々が尊い命を失いました



その後日本を守るといった大儀の元、数々の米軍基地が
作られ、騒音、米兵による様々な事件の中、じっと耐えて耐えて
日本の基地、防衛の役割を果たして来ました



沖縄の人達は決して基地が欲しかった訳でもなく、地理的立地
日本、アメリアの事情により基地を受け容れてきた


その為に基地の街、沖縄はその分、補助金を政府から支援されながら
成り立ってきた経済的側面があります
又、沖縄は観光の面では、本土にはない恵まれた立地にあり、観光立国
としても国内外にとって非常に魅力のある県です


しかし、基地に依存する経済は発展を生みません
表現は悪いかも知れませんが、支援を頼りに
経済が成り立つ、支援をあてにしてしまい、産業が生まれません



今回の知事選挙、民意は「新しい基地はいりません」
又、【沖縄に新しい産業を生み、自主、自立の沖縄を目指す」
その思いが、玉城デニー新知事誕生に繋がったと思います



政府、国民は沖縄県民の総意を汲んであげるべきだと考えます


沖縄県民は終戦後70数年間、必死で日本を支えた
沖縄の人達の声を本気で汲みとってあげるべき時が来ている
そう思えます


従来の政府、アメリカのゴリ押し政治を見直し
又我々国民も、沖縄だけの問題としないで、日本国の国防の
問題として、沖縄だけに押し付けないで、多少の犠牲を
覚悟の上、日本中が協力しないといけない、そう思えてなりません



























お客様感謝祭、ご来店ありがとうございます、
2018年9月30日|カテゴリー「鈴木会長の思いやりブログ
今日は、会長の鈴木です
いつもご愛顧有難うございます


弊社グリーンケア、昨日より秋のお客様感謝祭を開催致しております
心配された雨も夕方から降り始め、日中は大勢のOBのお客様、
新規のお客様にご来店頂き、用意していた駐車場も一時は足りない位
でした。 時節柄、何かとご多用の処、ご来店頂きまして心からの
御礼を申しあげます。有難うございました


今までお仕事を通じてお世話になったお客様と、感謝祭を通じて
又、ご家族の皆様とお会いすることが出来て、お互いの近況を
お話出来て、こんなに嬉しいことは有りません。


又、20年以上前にお世話になったお客様もご来店頂くこともあり
正に感謝祭だからの光景だと思って居ります。


最近、私自身特に感じている事、【それは信頼の積み重ねが商売の原点】
お一人、お一人のお客様ご要望に、全社挙げて心からの対応をさせて頂く
そしてお一人お一人からしっかりとした信頼を頂く、信用から信頼へ*



ともすると、大々的な宣伝をして、知名度を上げ、一気に集客をして
商売(販売)に繋げる


その方法も、場合によっては有力な販売戦略の一つです



でも、私も色々な方法でのイベント、チラシ、集客を試みました
それは、それなりの効果があったことも事実です



でも、今私の頭の中にあるのは、グリーンケアの原点である
お一人、お一人のお客様の心からのご満足を最優先に行動すること



これに尽きると思って居ります。
ご満足頂いたお客様が増えれば、増えるほど、お客様が
又、リピーターとなって頂き、更に沢山のご紹介まで頂ける。



本当に地道な取り組みでは有りますが、グリーンケアが
お客様の立場に立って、お客様の為に100%以上の信頼を
頂けるよう、日々、精進していく


其の事が、お客様のお役に立ち、更には、弊社グリーンケアの
発展に繋がる、その手応えを感じております


本日はあいにくの雨、今晩には大型台風接近して来る
そんな一日でもありますが、未だ風はなく穏やかです


ご来店頂ければ、お子様にも喜んで頂けるよう準備しております
是非遊びにいらして下さい










暑さ寒さも彼岸まで、
2018年9月23日|カテゴリー「鈴木会長の思いやりブログ
今日は会長の鈴木です
いつもご愛顧有難うございます



今日は秋分の日、秋らしい晴天に恵まれさわやかな気分です
午前中は秋の交通安全運動の地域の行事に参加して来ました
日頃、車の運転には注意をしているものの、少しずつ老齢化?
しているので更に安全運転を心掛けて参ります



今、秋の彼岸中で、明日は墓参りをする予定です
先祖、そして亡くなられた人達の供養をし、又我々家族の
ご加護をお願いします


交通安全にしてもそうですが、どんなに努力しても、どんなに
注意しても、避けられない出来事や、運に任せる事しかないことが
沢山あります


人事を尽くして天命を待つ、やるべきことをやり、その結果は
神仏に委ねる  私はそういう風に考えています



春の彼岸は寒かった冬が暖かな春になる分岐点、秋彼岸は
暑い夏から、涼しい秋になる分岐点



いよいよ食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、そして芸術の秋

色々な秋を満喫したいと思っています


でも秋って行事も多いんですよね、スケジュールびっしりなんです*


日本が壊れる、
2018年9月10日|カテゴリー「鈴木会長の思いやりブログ
今日は、会長の鈴木です
いつもご愛顧有難うございます


それにしても秋の長雨、今年は本格的?です
何処にこんなに雨が溜まっているのかと不思議なくらいの
連日の雨です



農家の人達もお米の収穫時期に入ります
この長雨で稲も倒伏してきましたし、先ず田圃がぬかるんで
稲刈りが大変そうです


先週末、北海道でまたまた震度7の大きな地震が起こりました
残念ながら又、多くの方が亡くなったり、怪我をしたり
家屋が倒壊したり、土砂に埋まったりと大変な被害となりました


心からのご冥福と、お見舞いを申し上げます


最近、特に自然災害が頻繁に起きているように感じます
日本が壊れる、壊されるそんな気がしてなりません



相次ぐ大きな地震、台風、豪雨とその規模と強さがだんだん
大きくなってきているように気がして、てとても怖い感じです


事前に予想できる台風や、豪雨、強風はある程度の備えは出来ます
が、予報されているにも関わらず多くの犠牲が出てしまっているのも
事実としてあります


何といっても最大の恐怖は地震です
全く予測なしに、突然、しかも強烈に起きてしまいます
東日本大震災のように、大規模な津波も発生してしまうと
もう対策の立てようもなく、ただ逃げるだけしか命を守る
手だては有りません


あの時の恐怖、不便さを絶対忘れてはなりません


いくら文明や化学が進歩しても、いつ、どこで大規模な地震が
発生するのか未だ予測不能です
自分の身は、自分で守るしか手立ては有りません



気の遠くなるような、宇宙、地球のメカニズムの中で
大規模な自然災害の起きる周期が来ているようにさえ思えます



自分で出来る備え、備えあれば患いなしとよく言います
自然災害に対する備え、万全を期さないといけない気が致します



痛い長雨の影響、
2018年9月2日|カテゴリー「鈴木会長の思いやりブログ
今日は、会長の鈴木です
いつもご愛顧有難うございます

                                                      

先週は雨に泣かされました 連日の雨で仕事が全く進まず、
予定していた屋外でのイベントも中止になってしまいました


お客様には工事が進まず、ご迷惑をお掛けしております


金曜日は比較的大きめの土間コンクリート打設を予定していました
数日前の天気予報では好天の予報でした  火曜日から連日の
雨の中、金曜日打ち込みに間に合うように準備を進めました


でも残念、当日は雨でした 土間コン打ち込み中止でした
雨の中で施工すると、雨に濡れないように養生するのは大変です
しかも、好天の時よりは仕上がりの精度がはるかに落ちてしまいます


雨は床のコンクリート打設にとっては正に大敵です
無理をせず中止した方が得策です


引っ越しが迫っているお客様には大変申し訳ありませんが
ご理解を頂きます様、お願い致します


今日2日は本当は私の地区の運動会(体育祭)の日でした
今年で第42回目となる歴史と伝統のある運動会です


開催に当たり私達実行委員会のメンバーは大会の成功に向けて、
何回も会議を重ね、準備を進めて来ました


でも長雨には勝てません、比較的水はけの良いグランドですが
さすがに水たまりが出来、グランドを整備することもできません


折角、各種目の豪華?賞品も沢山用意したのに、泣く泣く中止の
決断を致しました 苦渋の決断でした


ただ、長雨はまだ続きそうです 大型の台風が又、上陸しそうです
大きな被害がでなければとと心配です


台風が行ってしまわないと、当分、秋晴れは望めないようです
やきもき、じたばたしてもどうしようもありません


ここは晴れたら、雨での影響を早期に挽回できるように
準備を進めるよう、発想を切り替えて頑張って参ります


宜しくお願いいたします
ありがとう、金足農業野球部の皆さん、
2018年8月25日|カテゴリー「鈴木会長の思いやりブログ
今日は、会長の鈴木です
いつもご愛顧有難うございます


お盆休み明け、例年だと少しづつ涼しくなるんですが
今年は猛暑が続いており、今日も30度を超えております


涼しい秋はもう少し先になりそうです


今年の夏、私の夏は何といっても秋田、金足農高の夏でした
第100回記念すべき今年の夏の甲子園大会
我々東北人、念願の優勝旗白河越え、初優勝の期待
それも秋田の農業高校、金足農高がその夢を叶えてくれる



そんな大きな期待に夢を膨らませました
公立高の、しかも農業高校が甲子園に出場するだけでも
奇跡と言えます   何故かといううと実は私自身も実は高校球児で
半世紀前、農業高校の野球部で甲子園(夢のまた夢)を目指していました


昔も今も、宮城も私立強豪校が圧倒的に強く、それを破って甲子園に出れるのは
よっぽどの条件(選手、監督、コーチ、環境、他)が揃わないと正に夢のまた夢です
その時の巡り合わせがないと実現しません


特に農業高校は実習なども多く、甲子園を目指す野球部の環境としては
私立強豪校とは対極の条件と言える環境の中で練習をしています



今回の事は私にとっては正に奇跡としか言いようがありません


今回の金足農野球部の快挙、正に東北を感動の渦に巻き込みました
大変失礼な言い方かも知れませんが、誰もが、決勝まで勝ち進んで
準優勝まで行くとは思っていなかったと言えます


初戦の強豪鹿児島実業を破って、横浜高、近江高、日大三高と正に
全国屈指の強豪校を逆転、接戦の白熱した熱戦の上、ついに春夏
2度目の連覇を狙う、あの大阪桐蔭高とついに決勝で戦う事に
なりました


地元秋田だけの雑草軍団、かたや全国からエリートを集めたスーパー軍団
雑草とエリートの闘い、判官びいきも相まって、金足農高応援フィーバーが
凄まじい事になりました



大阪桐蔭はピッチャー陣も豊富でしかもみんなエース級,かたや金足農は
吉田投手が秋田予選から一人で投げ抜き、甲子園準決勝まで先発、完投と
正に大黒柱、彼の存在そのものが金足農野球部でした


特筆すべきは、甲子園で戦い勝ち進んでいく中で、どんどん強く
逞しくなっていったことです


予選でも打ったことのない、高橋君が逆転のホームランを打ったり
満塁で逆転のツーランスクイズを決めたりと、今までの東北野球では
あまり観たことのない、土壇場での底力、大胆さを見せて貰いました


決勝では吉田投手の連戦の疲れも出て、大阪桐蔭の強力打線に
つかまり、敗れてしまいました


第100回の記念すべき大会、金足農高は素晴らしい輝きを放ちました
新聞、TV、ネットも優勝した大阪桐蔭よりも敗れた金足農高ナインを
大きく報じておりました


雪国秋田の雪の中での厳しい冬季練習、地元だけのメンバーでしかも
農業高校、飾らない素直さ、ひたむきさ、そしてきらりと光る実力


全てが相まって、金足農高フィーバーが巻き起こりました
我々東北に、大きな期待と感動を与えてくれました 
東北の球児達、今まで何度も決勝まで進み、惜しくも優勝を
逃してきました


でも、同じ準優勝でも今までの準優勝とは一味も二味も違った
準優勝に感じました


金足農高野球部の皆さん、お疲れ様でした、そして有難う
ございました





お盆休みを頂きます
2018年8月11日|カテゴリー「鈴木会長の思いやりブログ
今日は、会長の鈴木です
いつもご愛顧有難うございます


弊社は13日より夏季休暇(お盆休み)を頂きます
16日までの4日間となります


今週は台風の影響で月曜日から木曜日まで現場作業が
出来ませんでした
そのせいで今日まで完成の工事が完了せず、盆前完成が
出来なくなってしまった現場もございます
此処に来て4日間の休みは本当に痛かったです


お客様にはご了解頂き、お盆後の完成にさせて頂きました


6月から経営陣の体制も新しくなり、スタート致しました
お陰様で順調にご契約を頂き、私自身もホットしている処です


改めてお客様のご支援、ご愛顧に対し、心からの感謝と御礼を
申し上げます


本当に有難うございます



明後日から、休みを頂き、先祖供養をしっかりとして
17日より又新しい気持ちで頑張ります


宜しくお願い致します
もてなされる側、もてなす側、どっちも楽しい?
2018年8月5日|カテゴリー「鈴木会長の思いやりブログ
今日は会長の鈴木です
いつもご愛顧有難うございます


昨日、我が町(大郷町)の夏祭りでした
例年、8月の第一日曜日に開催されております
沢山の出店、ステージイベント、体験コーナー、七夕飾り
そして、夜の花火と盛り沢山の内容です


私は今年、町の、夏祭り副実行委員長に任命され、朝の7時から
夜8時まで,ハードな一日となりました


夏祭りを通して感じた事、日本人はお祭り好きだな
そう感じました 


我が町には確か、こんなに子供が多いハズがない
そう思えるほど、小さな子供たちが沢山来場し
大いに楽しんでおりました  そこにお父さん、お母さんも
一緒なので、会場はお父さん、お母さん、子供達の楽しそうな
笑顔が溢れていて、こちらも楽しくなりました



子供が沢山いる風景、何か嬉しい気がします


いつもなら気楽に行って、楽しんでいた夏祭り、今年は一転
主催者側に廻る事になりました


そうすると、暑いので熱中症になっていないかとか、出店は
よく売れているかだとか、ステージは盛り上がっているかだとか
花火の時曇っていないかだとか、今まで全く気にしていない事が
心配になって来ます



来場される方と、主催する側とでは、正に天と地ほどの差が出てきます



只、主催する側が奉仕するだけで、苦労だけが残って大変だ、
そう思えば正に大変なんです


企画、準備、設営、運営、片付け、と正に大変な作業です
お客様に喜んで頂くために、実行委員会本気で頑張りました


喜んで頂いて自分も喜ぶ、感激して頂いてこちらも感激する
尽くされて嬉しい、それ以上に尽くして楽しんで頂いて嬉しい



奉仕の精神、その喜びは又格別なものがあります



そういった心境になれて来たのも年齢のせいもあるんですかね


この経験をグリーンケアでも活かせるよう、これからも
頑張って参ります












エクステリア産業の役割
2018年7月28日|カテゴリー「鈴木会長の思いやりブログ
今日は、会長の鈴木です
いつもご愛顧有難うございます



今週、水曜日までは暑かったものの、その後は比較的涼しく
過ごしやすい週末になっております



今日は暫くぶりの雨、植木、芝、植物にとっては恵みの雨です



此処仙台は全国的に見て、夏は涼しく、あまり雪も降らず、比較的
台風の影響もあまり受けず、気候的には本当に恵まれた所と言えます


只、近年気象状況は、今までに経験したことのない集中豪雨、大雨
猛暑、強風、豪雪と各地で想像を超える甚大な被害が出ています



仙台では今までないからと言って油断は禁物です



これは単に日本だけの事ではなく、世界中で異常気象に見舞われているのです


アメリカ、カリフォルニアではなんと53度といった信じられない暑さに
なっています


今までになかったような事が、起きてしまうことは有りうることです


現に、東日本大震災による大津波は想像を絶する規模とパワーでした
想定していた事を遥かに超えた災害でした


そういった、自然災害に対し、我々、エクステリア業界で、何か
役立てることはないだろうか   そう考えています


東日本大震災の時、ブロック塀が、津波をせき止めて、家屋の
流失を防いだ事例が沢山ありました


地震の度に、危険視されるブロック塀が、津波に対し防波堤の
役割をシッカリ果たしたのです


猛暑に対して、庭にもっと植栽を奨めたり、暑さを防ぐ屋根を
作ったり、災害時には一時的に庭で過ごせたり:::::



災害に強いエクステリア、災害時に役立つエクステリア
エクステリア業界全体で考えて、お客様に提案して、役立つ


そういう視点に立ち、取り組んでいく時が来ているように思えます


心配するところに事故はなし、
2018年7月10日|カテゴリー「鈴木会長の思いやりブログ
今日は、会長の鈴木です
いつもご愛顧有難うございます


先週は西日本で集中豪雨があり、平成史上最悪の死者
行方不明者がでてしまいました


又、河川の氾濫、大規模な地滑りで家屋、道路、橋、
の損壊、生活面でも大変な損害を被りました  被災者の方々に
対し、心からのお悔やみとお見舞いを申し上げます


7年前、東日本大震災をこの身で体験した私にとっては
他人事にはとても思えません 災害は突然襲ってきます



一日も早い、復旧、復興を心よりお祈りいたします



前前回のブログで、私の外構工事の取り組みを紹介致しました



初めて外構工事を請け負ってから、少しづつ実績も
増えて、現場ついていろいろ覚えて、分かってきました


そんな時、宮城県沖地震が発生しました(1978年6月12日)
短い時間でしたが強烈な揺れを感じました(震度5強)


建物の倒壊、石塀、ブロック塀の下敷きになり28名の
尊い命が失われました


幸いに私が施工した現場は、倒壊や損傷もなく大きな地震に
絶えることが出来、ホッとしたことを覚えおります


構造とか、強度とか詳しくは解ってはいませんでしたが、とにかく
がっちりしたものを作ろう


そう思って施工していました


偶然だと思いますが、私が施工したお客様の近隣のブロック塀が
軒並み、倒れたり、ぐらついたりしてしまいました(他社施工)


その頃は未だ、ブロックの施工基準というものもなく
耐震構造のブロック施工はなされていませんでした


大きな地震に耐えるように作られていなったのです


見よう見まねで施工した私の作ったブロック塀が、大地震
でも大丈夫だった


そのことにより、その近隣の方々から、ブロックの改修工事
新規の外構工事を多く依頼されました


私としては、未だ実績もなく、未だ自信もありませんでした
ただ、どんな時にも大丈夫なように施工しました


心配なのでしっかりした施工を心掛けておりました


そのことが幸いして、新たな受注に繋がったことになった訳です


大手ゼネコンさんの会社のスローガンに
「心配するところに事故はなし」という言葉があります



この標語を私自身、いつも心に刻んで行動するように
しております


大きな事故や災害は往々にして油断や過信によって生まれます



今まで大丈夫だったから、心配ない そんなことは
起きるはずがない 全然大丈夫


しかし、想像を超えるような事象が近年頻発しています


早めの決断、行動、避難、撤退があればもっと大事な命が
救えたように思えてなりません


「心配するところに事故はなし」
奥深い言葉です 色々な場面で使える言葉です



危険な?ブロック塀
2018年7月2日|カテゴリー「鈴木会長の思いやりブログ
今日は、会長の鈴木です
いつもご愛顧有難うございます


連日30度を超す猛暑、未だ梅雨明け前だと言うのに
異常と思えるくらいの暑さです


近年の自然現象、猛暑、豪雨、豪雪、そして地震
人間の力ではどうすることもできない自然現象の猛威
そんな状況が続いています


先日、大阪を中心とする震度6弱の地震が発生し
ブロック塀の下敷きになり、幼い命が
失われてしまいました


施工基準通りのブロック塀であれば、起こりえない
ことなのに正に人災、残念というしかありません


ブロックを常に使用して工事をしているグリーンケア
この事については、防げた災害、失われなくて済んだ命
施工者としてそれを思うと、本当にいたたまれない気持ちになります



今回倒壊したブロック塀、安全基準を全く無視した
危険極まりない構造です
プロの目から見たら一目瞭然、すぐ撤去か改修しないと
本当に危ない、それが我々の常識です



それが放置されていた事実、本当に怖いことです



大阪に限らずそういった危険なブロック塀が、全国
いたるところに存在する事実、早急に点検、対策が
国家的規模で必要に思えます


今から40年ほど前、宮城県沖地震(震度5強)が発生
その時にブロック、石塀、家屋倒壊により20数名の方が
亡くなられました



その後、仙台市では通学路の危険なブロック、石塀の点検をし
該当する所有者に対し改善命令を出しました



改善命令を受けた方々の危険なブロック塀の改修工事を
私も数多く依頼され、施工致しました



そういった経緯があって、かなり数の方々が市の要請に
従って改善しました


通学路の危険が激減しました


(高い塀を低くして、フェンスにしたり、生垣にしたりしました
 その際、その工事に対して助成金が出ました)



7年前の東日本大震災の時は、その対応効果もあり、ブロック塀に
よる、死傷者は殆ど有りませんでした



油断してはいけませんが、宮城県は度々、強い地震に襲われて
いるので、ブロック塀対策に於いては、先進県と言えると
思います


ブロック塀に不安のある方はご相談下さい







Go to top