震災から5年

2016年3月11日

あの東日本大震災から5年が経過しました。

旅行で福島に行くことが多いのですが、仮設住宅を見るたびに心が締め付けられます。

宮城県も同様、仮設住宅が多いです。

この間、玄関の屋根が壊れて宙ぶらりんになっている姿を見ました。5年経過した分、仮設住宅にも綻びが見えます。

復興は進んでいるのでしょうか。もちろん良いニュースもあります。それは喜ばしいことです。

特集される頻度が少なくなり、人々の関心が薄れていっているように感じてしまいます。

今朝テレビで災害公営住宅が待てない、仮設住宅から亡くなって出るようなことはしたくないというお言葉が胸にささりました。

今もまだ苦しんでいる方々、解決できていない問題が多く残されています。

 

被災された地域、人と繋がりを持ち、

これからも私のできることを少しづつでもやっていきたいです。

Go to top