勉強させてもらってます。

こんにちは。井上です。

今年は雪があまり多くなくて助かるなぁ、とか思っていると地域によっては大変な大雪になっていたりして、改めて自然の怖さを感じる今日この頃です。
凍結など道路状況には十分に気を付けたいですね。


さて、先日、空間デザイナー星ひで樹さんの講演をきかせていただきました。

私にはまだまだ難しい内容でしたが、空間に対する考え方などとても勉強になりました!

エクステリアにおける「問題」とは理想と現実のギャップ。この「問題」を解決していくために「デザイン」を提案する、とのこと。

「デザイン」にも二つあり、計画やゾーニング、導線を考えたものを「広義のデザイン」、化粧や装飾、模様などは「狭義のデザイン」
とされるそうです。

そこまで聞いて私が今学びたいと考えていたのは「広義のデザイン」の方だったんだなー、と感じました。
もちろん、どちらもしっかり考えることが出来て完成された「デザイン」となるのでしょうね。なかなかに遠い道のりです…。
頑張ります(><)


先日は社長の現地調査にお供させていただき、レベルの測り方を教えていただきました。
レベルを測るとは土地の高低差を測るということです。

こちらの機械を使います。時々道路にこれがのった三脚が立っているのを見かけたりしませんかね~。(私は昨日たまたま見かけました。)
1485688014366

こちらを水平に合わせるのに、コンタクトみたいな水の泡を所定の場所に合わせるのですが…。
ズレてる…

これを…
合わせる

こんな感じです。3か所のネジをいじって合わせるので初めてやった際はめちゃくちゃ時間がかかりました…。

そしてのぞいても中々スタッフ(大きな定規みたいなもの)を探せなかったり。そのうちサクッとやれる日が来るといいです。

高低差の処理を考えることがエクステリアの第一歩だそうです。

道路からの高低差によって階段が必要になったり、土を留めるための擁壁が必要になります。
同じ広さの土地でも高低差があるかないかで工事にかかる金額がずいぶん変わってきますので、新築の際の土地選びはとっても重要ですよ!
bird_mejiro_line7

今回の鳥話

最近ついつい買ってしまった「文鳥がいます」缶バッチ。
1485688062344

「そんなことは知っています」
「見ればわかります」

と一人ツッコミするのには役に立っています。
Go to top